ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • L&T  52

  • L&T  52

L&T  52

  • ISBN
    978-4-89628-704-2
  • 発売日
    2011年07月

2,000 (税込:2,160

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 〔L&Tインタビュー〕 奥山尚一 日本弁理士会会長/聞き手 相澤英孝

    ■論説・解説
    環境影響評価法の改正と残された課題
    早稲田大学教授 大塚 直
    NTT東日本FTTHサービス最高裁判決の検討
     東京大学教授 白石 忠志
    国境を越える電子商取引と国際裁判管轄
    立教大学教授 早川 吉尚
    先端医療技術の研究開発と適正ルールの確立
    早稲田大学教授 甲斐 克則
    医薬品のライフサイクルマネジメントと知的財産
    関西大学教授 山名 美加
    商標の類否に関する判例と拘束力
            知的財産高等裁判所部総括判事 飯村 敏明
    まねきTV・ロクラク2事件最高裁判決にみるコンテンツビジネスの諸問題
    弁護士 小坂 準記/弁護士 金子 剛大
    東日本大震災への特許庁の対応と今後の取組み
    特許庁総務部総務課長 広実 郁郎/特許庁総務部総務課事務官 阪本 裕子
    不正競争防止法の一部を改正する法律の概要
    経済産業省経済産業知的財産政策室長 中原 裕彦

    ●判例研究
    ・冒認を理由とする無効審判と主張立証責任〔知財高判平22・11・30〕
    京都大学准教授 愛知 靖之
    ・廃墟写真について翻案件侵害の成否が問題となった事例〔東京地判平22・12・21〕
    京都大学助教授 谷川 和幸

    ●最新知財判例紹介(平成22年11月~23年4月)
    ・52号掲載判例索引 
    ・〔最高裁〕1件〔高裁〕32件〔地裁〕17件
    ●行政解説
    ・「特許法等の一部を改正する法律」の概要/特許庁制度改正審議室
    ・知的財産侵害物品の差止状況・知的財産関税関係法令改正の概要/財務省
    ●行政情報
    ・経済産業省
    ・環境省
    ☆新連載 L&Tコラム1 1/2(いちとにぶんのいち)
    ・スマートグリッドを取り巻く動き
      早稲田大学理工学術院教授・先進グリッド技術研究所所長 林 泰弘
    ・低線被曝における「科学的」根拠をめぐる諸問題
     大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任准教授 八木 絵香 
    ・グーグル電子書籍化問題とそこに示唆された課題
    弁護士 伊藤 真

商品詳細情報

フォーマット 単行本

ページの先頭へ

閉じる

  • L&T  52
  • L&T  52

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中