ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 放浪の画家ニコ・ピロスマニ 永遠への憧憬、そして帰還

  • 放浪の画家ニコ・ピロスマニ 永遠への憧憬、そして帰還

ポイント倍率

放浪の画家ニコ・ピロスマニ 永遠への憧憬、そして帰還

  • はらだたけひで/著 はらだ たけひで
    原田健秀。1954年東京生まれ。都立高校を卒業後、信州の山間を彷徨。現代思潮社主宰「美学校」で現代美術の松澤宥氏に師事する。1975年、岩波ホールに入社、1978年にグルジア映画『ピロスマニ』(配給は日本海映画)の公開にたずさわる。1981年にグルジアを初めて訪れ、1986年に仲間とともに『日本グルジア友の会』を設立し、事務局と会報編集を担当する。岩波ホールで企画・広報を担当するかたわら、1989年に初めての創作絵本『パシュラル先生』(産経児童出版文化賞)を発表

  • ページ数
    173p
  • ISBN
    978-4-905194-14-9
  • 発売日
    2011年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日々の糧とひきかえに店の看板や壁に飾る絵を描き続けたグルジアの伝説の画家。孤独とさすらいの人生を語る初めての評伝。『百万本のバラ』で歌われた貧しい絵描きの生涯。
目次
序章 『百万本のバラ』の絵描き
第1章 ピロスマニへの道(映画『ピロスマニ』の魅力
はるかなる未知の国グルジア ほか)
第2章 ピロスマニの人生(ピロスマニはひとりではない
家族の愛に包まれた少年時代 ほか)
第3章 ピロスマニの作品(十六年の空白と時代の奔流
マルガリータが手にもつ薔薇 ほか)
終章 ピロスマニはよみがえる

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 放浪の画家ニコ・ピロスマニ 永遠への憧憬、そして帰還
  • 放浪の画家ニコ・ピロスマニ 永遠への憧憬、そして帰還

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中