ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • つづら折り回想記 望郷北の大地

  • つづら折り回想記 望郷北の大地

つづら折り回想記 望郷北の大地

  • ページ数
    158p
  • ISBN
    978-4-88325-453-8
  • 発売日
    2011年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 平成18年、89歳で逝去された青山江美さんが残した10冊のノートに記述された回想記をご子息の信義さんが、記載内容の追跡調査と現状を確認する旅から始まり、江美さんの生前に親交のあった人々の証言や足跡を訪れ、回想記を編集。
    京都に生まれ、4歳で実父と死別後、母と二人で北海道に亘り、池田町で呉服店を開業した母の豪胆かつ快活な十勝平野の中での生活のようすが活写される。この時期に著者の精神醸成が育まれ、青山新平氏と結婚後も北海道で呉服店を切り盛りしながら5人の子どもを育てる。戦時下では呉服店を閉め、幕別(まくべつ)村のベニヤ工場の社宅生活が始まり、ここで空襲に出会う。戦後の混乱期に5人の子どもを抱え、主人の郷里、豊郷に戻り、新たな生活が始まった。
    同時期、多かれ少なかれ人々の苦難の生活があったが、著者もその母も、苦境に立たされるほど、余計に勇気を出し、苦境のめげることなく、かえってバネとしてたくましく生きてきた様子が、全編を通じて清々しい。母娘とも深い信仰心に育まれてきたその精神的土壌から生まれる芯の強さが感じられる。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • つづら折り回想記 望郷北の大地
  • つづら折り回想記 望郷北の大地

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中