ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 大学入試の「国語」 あの問題はなんだったのか

  • 大学入試の「国語」 あの問題はなんだったのか

大学入試の「国語」 あの問題はなんだったのか

  • 鈴木義里/著 鈴木 義里
    1953年生まれ。北海道大学文学部卒業。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。学術博士。専門は社会言語学・言語政策。フィールドは日本とインド。大正大学・表現学部准教授

  • ページ数
    293p
  • ISBN
    978-4-88303-292-1
  • 発売日
    2011年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,300 (税込:2,484

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 私たちは、文章をどのように読んでいるのだろうか?小学校から大学入試までひたすら受けてきたあの「国語」の試験。私たちの「読み」は、その「国語」の試験によって形作られてきたのではないか?「国語」の大学入試問題の変遷から日本語を考える。
目次
第1章 試験とは何なのだろう(試験の憂鬱
過去形で語られる「大学入試」 ほか)
第2章 戦前の試験(試験という制度
近代日本と試験 ほか)
第3章 戦後の入試問題(戦後の教育課程と試験制度
エリートの残照(一九四五年~五九年) ほか)
第4章 入学試験の現在と日本語の未来(試験問題の問題
論述問題の問題 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 大学入試の「国語」 あの問題はなんだったのか
  • 大学入試の「国語」 あの問題はなんだったのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中