ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 往生の極意

  • 往生の極意

往生の極意

  • 山折哲雄/著 山折 哲雄
    1931年、サンフランシスコ生まれ、岩手県花巻市で育つ、宗教学者。東北大学文学部卒業。国立歴史民俗博物館教授、国際日本文化研究センター教授、同所長などを歴任

  • ページ数
    269p
  • ISBN
    978-4-7783-1265-7
  • 発売日
    2011年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ●死の影が色濃い現代社会にあって、碩学が語る往生の作法 「あなたは、何を頼りに、死にますか」 ・西行、親鸞、良寛、宮沢賢治など、多くの先達の死に方と死についての智恵を参照しながら、現代人の「死のセンスの洗練」を教示する、画期的な往生論。・かつて宮沢賢治は、「宗教は疲れ、科学は冷たく暗い」として、デクノボーの生き方と死に方を見出した。では、私たちは、どんな死に方を選ぶのか。著者は「惚け往生」という方法もあるといい、様々な先行例を提示してやまない。
目次
第1章 断食往生―西行の最期
第2章 焼身往生―藤井日達など
第3章 自然法爾―親鸞の往生観
第4章 隠れ往生―一休の場合
第5章 念仏往生―蓮如と一遍
第6章 土葬の提言―葬送の意味の再発見
第7章 惚け往生―良寛・法然・親鸞
第8章 デクノボー往生―宮澤賢治
補章 抑圧された神秘体験―賀川豊彦

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 往生の極意
  • 往生の極意

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中