ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 恐竜の世界へ。 ここまでわかった!恐竜研究の最前線

  • 恐竜の世界へ。 ここまでわかった!恐竜研究の最前線

恐竜の世界へ。 ここまでわかった!恐竜研究の最前線

  • シリーズ名
    pen BOOKS 013
  • ISBN
    978-4-484-11217-6
  • 発売日
    2011年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,760

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • かつてこの地球を闊歩した彼らはいったい、どんな姿をしていたのか。どのように走り、喰らい、そして眠ったのか。フルCGによる3Dモデリング、デジタル技術による運動シミュレーション、そして、羽毛恐竜の発見や軟組織研究。古代を生きた恐竜たちの、「最新の姿」とは?いにしえの未知なる生物をめぐるロマンの最前線。
目次
恐竜・古生物たちの、「最新の姿」を追う。(獣脚類―二足でいかに肉を喰らい、どう歩いたか。
羽毛恐竜―中国から届いた、羽毛の2大ニュース ほか)
最新技術が解き明かす、恐竜の「真実」。(CTスキャン―CTスキャンで、身体の構造を再現する。
軟組織研究―世界を震撼させた、軟組織という大発見。 ほか)
熱意で掘り出す、世界の発掘現場レポート(ネウケン―新発見が続く、話題のプロジェクト
インバーロック―専門家も唸る、ボランティアの眼力。 ほか)
いにしえの生物に、魅せられた人々。(ポール・セレノ―好奇心を武器に、五大陸を駆け巡る。
小林快次―フィールドワークこそ、恐竜学の醍醐味。 ほか)
世界の恐竜博物館めぐりへ、出発だ!(福井県立恐竜博物館―恐竜と距離を作らない、大胆な展示。
国立科学博物館―研究者の視点を、共有できる場所へ。 ほか)
「恐竜絶滅」という、大いなるミステリー

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 恐竜の世界へ。 ここまでわかった!恐竜研究の最前線
  • 恐竜の世界へ。 ここまでわかった!恐竜研究の最前線

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中