ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 震災復興 後藤新平の120日 都市は市民がつくるもの

  • 震災復興 後藤新平の120日 都市は市民がつくるもの

ポイント倍率

震災復興 後藤新平の120日 都市は市民がつくるもの

  • シリーズ名
    後藤新平の全仕事
  • ページ数
    250p
  • ISBN
    978-4-89434-811-0
  • 発売日
    2011年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,900 (税込:2,052

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • いま、なぜ「平成の後藤新平」が求められているのか?大地震翌日、山本権兵衛内閣の内務大臣を引き受けた後藤は、その2日後「帝都復興の議」を立案する。その構想は、政争の中で削減されてゆくが、基本構想は残った。わずか120日という短期間で、現在の首都・東京や横浜の原型をどうして作り上げることが出きたか?豊富な史料を読み解き、「復興」への道筋を跡づけた決定版ドキュメント。
目次
1 後藤新平・帝都復興一二〇日の軌跡―証言と記録から構成したドキュメント(プロローグ 第二次山本権兵衛内閣の成立
「帝都復興の議」を閣議に提出
帝都復興院の創設とスタッフ人事
復興計画の策定
ビーアドの再招請そして進言 ほか)
2 資料―都市の復興と自治の精神(「帝都復興の議」(一九二三年九月六日)
「帝都復興の詔書」(九月一二日)
「大乗政治論」(一〇月三日)
「内相進退伺いの状」(一一月)
「三百万市民に告ぐ―山本内閣入閣の情由と復興計画に対する所信」(一九二四年) ほか)
特別附録 後藤新平を中心にした関東大震災の復興プロセス

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 震災復興 後藤新平の120日 都市は市民がつくるもの
  • 震災復興 後藤新平の120日 都市は市民がつくるもの

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中