ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ゲーテスイス紀行

  • ゲーテスイス紀行

ゲーテスイス紀行

  • ゲーテ/著 木村直司/編訳 ゲーテ,ヨハン・ヴォルフガング・フォン(Goethe,Johann Wolfgang von)
    1749‐1832年。ドイツの詩人、作家、自然科学者、政治家。フランクフルトに生まれ、ヴァイマールに没。“疾風怒涛”の潮流の代表者

    木村 直司
    1934年生まれ。ミュンヘン大学文学部博士課程修了。上智大学名誉教授

  • シリーズ名
    ちくま学芸文庫 ケ6-6 Math & Science
  • ページ数
    426p
  • ISBN
    978-4-480-09386-8
  • 発売日
    2011年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ゲーテにとって旅とは、またスイスとは何だったのか。あのイタリア旅行に先立つこと12年、26歳のゲーテは『若きヴェルテルの悩み』の恋愛体験から逃れるように、スイスに向かう。「力強いライン河の烈しく泡立つ瀑布、万年雪をいただく峰々の王冠の輝き…その中に作用する創造力が脈々と魂の中にめざめてくる」と、偉大な理念を感知し科学的自然把握に決定的な指針を得る。アルプスの多種多様な自然は、研究対象の無限の宝庫であった。作品としてはまとめられなかったこのスイス体験を一書に成した本邦初の編訳書。訳者注解では、形態学・地質学などのゲーテ自然科学へと連なる体験的背景があざやかにひもとかれる。
目次
スイスからの手紙第一部(ヴェルテルの遺稿から十五の断章)
第一次スイス旅行 一七七五年(『詩と真実』第四部から)(フランクフルトからチューリヒまで
ラファーターとボードマー ほか)
第二次スイス旅行 一七七九年(スイスからの手紙第二部)(ムーティエからシャモニまで
マルティニからヴァリスまで ほか)
第三次スイス旅行 一七九七年(スイスへの旅)(テュービンゲンからシャフハウゼンへ
シャフハウゼンのライン瀑布 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ゲーテスイス紀行
  • ゲーテスイス紀行

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中