ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 編集者=小川哲生の本 わたしはこんな本を作ってきた

  • 編集者=小川哲生の本 わたしはこんな本を作ってきた

ポイント倍率

編集者=小川哲生の本 わたしはこんな本を作ってきた

  • 村瀬学/編 小川哲生/著 小川 哲生
    1946年宮城県生まれ。早稲田大学第一政治経済学部政治学科卒業。1970年大和書房を皮切りに、1990年JICC出版局(現・宝島社)、1995年洋泉社を経て、2010年3月に40年来の社員書籍編集者生活を終える。この40年間に企画編集した書籍は400冊になる。現在、フリー編集者

  • ISBN
    978-4-905369-05-9
  • 発売日
    2011年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 自らが編集した吉本隆明、渡辺京二、村瀬学、石牟礼道子、田川建三、清水眞砂子、小浜逸郎、勢古浩爾より著書265冊の1冊1冊に添えられた編集者による「解説」を集成。読者にとって未公開だった幻のブックガイドがここに出現する。
目次
鄭義著・藤井省三訳『古井戸』
吉本隆明著『柳田国男論集成』
小浜逸郎・芹沢俊介他著『家族はどこまでゆけるか』
村瀬学著『「いのち」論のはじまり』
河原巧著『学校はなぜ変らないのか』
横川寿美子著『初潮という切札』
小浜逸郎著『症状としての学校言説』
莫言著・藤井省三訳『中国の村から』
巴金著・山口守訳『リラの花散る頃』
茅盾著『藻を刈る男』〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 編集者=小川哲生の本 わたしはこんな本を作ってきた
  • 編集者=小川哲生の本 わたしはこんな本を作ってきた

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中