ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 方法としての演技 ニーチェの唯物論

  • 方法としての演技 ニーチェの唯物論

方法としての演技 ニーチェの唯物論

  • ペーター・スローターダイク/著 森田数実/訳 中島裕昭/訳 若林恵/訳 藤井佳世/訳 スローターダイク,ペーター(Sloterdijk,Peter)
    1947‐。ドイツ・カールスルーエ生まれの哲学者。1976年に『文学と人生経験の組織化。1918‐33年ヴァイマル共和国における自伝ジャンルの理論と歴史』で学位取得。1978‐80年にインド滞在。1992年からカールスルーエ造形芸術大学教授、2001年から同学長。パリ、ニューヨーク、チューリヒでも客員講師等

    森田 数実
    東京学芸大学教授。専門はドイツ社会学史、フランクフルト学派の社会理論研究

    中島 裕昭
    東京学芸大学教授。専門は現代ドイツ演劇・文学、演劇教育、パフォーマンス研究

    若林 恵
    東京学芸大学准教授。専門はドイツ語圏文学・文化

    藤井 佳世
    鎌倉女子大学講師。専門は教育哲学・思想、学校論、コミュニケーション研究

  • ISBN
    978-4-8460-0803-1
  • 発売日
    2011年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,600 (税込:2,808

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 演じる思想家・ニーチェがつけた様々な仮面――ドラマトゥルギー的方法論からあらわれるディオニュソス的唯物論をドイツの現代思想家スローターダイクが果敢に論じる。
目次
1 ケンタウロス的文学
2 実存の文献学、諸力のドラマトゥルギー
3 猛犬に注意(cave canem)―あるいは恐るべき真理に注意!
4 ディオニュソスがディオゲネスに出合う、あるいは身体化された精神の冒険
5 苦痛と正義
解説 スローターダイクのニーチェ論

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Der Denker auf der Buhne.Nietzsches Materialismus
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 方法としての演技 ニーチェの唯物論
  • 方法としての演技 ニーチェの唯物論

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中