ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アヴァンギャルド・ジャズ ヨーロッパフリーの軌跡

  • アヴァンギャルド・ジャズ ヨーロッパフリーの軌跡

アヴァンギャルド・ジャズ ヨーロッパフリーの軌跡

  • 横井一江/著 横井 一江
    北海道帯広市生まれ。1988年より『ジャズ批評』を皮切りに音楽雑誌、CDライナー・ノートなどを中心に執筆。1989年より取材にあわせてステージ写真も撮影。1996年ベルリン・コンテンポラリー・ジャズ・オーケストラ来日時の実行委員。またドイツ年協賛企画『伯林大都会―交響楽 都市は漂う~東京―ベルリン2005』、横浜開港150周年企画『横浜発―鏡像』などをコーディネイト。2002~04年フェリス女学院大学非常勤講師(音楽情報論)

  • ISBN
    978-4-89642-340-2
  • 発売日
    2011年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1960年代、ヨーロッパのジャズは
    独自の言語を獲得した――

    政治の季節、権利獲得の時代に呼応し
    ドイツ、オランダ、イギリスを中心に、同時多発的に
    フリージャズから新たなムーヴメントが勃興
    プレイにとどまらず自主レーベル、自主組織等
    新しい音楽の在り方を提示した

    1980年代からドイツのジャズ祭を中心に取材
    数々のミュージシャンのインタビューから見えた
    本格的に紹介されることがなかった未踏のシーン
    ひとつのヨーロッパ文化論!
    ステージ写真など45点収録
目次
第1章 ヨーロッパとジャズ(映画『プレイ・ユア・オウン・シング』
第二次世界大戦前―ヨーロッパ・ジャズ黎明期 ほか)
第2章 ヨーロッパ・フリーの系譜(六〇年代とフリージャズ
フリージャズからフリー・ミュージックへ ほか)
第3章 ヨーロッパ各国のフリー・ムーヴメント(ドイツ
オランダ ほか)
第4章 ジャズ祭(フェスティヴァルという窓
ベルリン・ジャズ祭―状況論としてのジャズ ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • アヴァンギャルド・ジャズ ヨーロッパフリーの軌跡
  • アヴァンギャルド・ジャズ ヨーロッパフリーの軌跡

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中