ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 戦争に征った馬たち 軍馬碑からみた日本の戦争

  • 戦争に征った馬たち 軍馬碑からみた日本の戦争

戦争に征った馬たち 軍馬碑からみた日本の戦争

  • 森田敏彦/著 森田 敏彦
    1943年大阪市生まれ。1967年大阪市立大学文学部卒業。堺市立高校、大阪府立高校に勤務し、2003年退職。2011年佛教大学大学院文学研究科日本史専攻博士課程修了。文学博士

  • ISBN
    978-4-88313-655-1
  • 発売日
    2011年05月

1,429 (税込:1,543

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 軍馬碑が語る「もの言わぬ兵士」の実像。戦場に消えた数十万頭の軍馬たち。彼らの碑は私たちになにを語りかけているか。
目次
第1章 戦場に送られた馬たち
第2章 馬を「兵士」に仕立てる
第3章 軍馬の「武勲」をたたえる
第4章 軍馬碑がつくられた
第5章 軍馬碑にこめられた戦争への思い―日露戦争
第6章 軍馬碑にこめられた戦争への思い―日中、アジア・太平洋戦争

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 戦争に征った馬たち 軍馬碑からみた日本の戦争
  • 戦争に征った馬たち 軍馬碑からみた日本の戦争

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中