ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 政治経済学の政治哲学的復権 理論の理論的〈臨界-外部〉にむけて

  • 政治経済学の政治哲学的復権 理論の理論的〈臨界-外部〉にむけて

政治経済学の政治哲学的復権 理論の理論的〈臨界-外部〉にむけて

  • シリーズ名
    比較経済研究所研究シリーズ 別巻
  • ISBN
    978-4-588-60241-2
  • 発売日
    2011年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,500 (税込:4,950

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 精神分析学・社会学・社会哲学・経済学・文学・政治学という学問‐規律を横断しつつマルクス経済学が密かに抹消してきた問題を問う。
目次
ボルヘスの神話的イメージ―覚書
1 理論の“臨界‐外部”(資本と外部の回収
貨幣の“際”、資本の“窮”
間という外部 ほか)
2 “臨界‐外部”の表象(欲望機械
主体性の生産―横断個体性から“共”へ
人間の境界を超えて進む? ほか)
3 存在的“臨界‐外部”(資本のプロレタリア的零度―外部の政治的物理学
フーコー的政治経済学「批判」―統治のユートピアとその障碍
“空費”の存在論―「四日目のラザロ」に向かうために ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 政治経済学の政治哲学的復権 理論の理論的〈臨界-外部〉にむけて
  • 政治経済学の政治哲学的復権 理論の理論的〈臨界-外部〉にむけて

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中