ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 紅陵に命燃ゆ

  • 紅陵に命燃ゆ

紅陵に命燃ゆ

  • 皿木喜久/著 皿木 喜久
    昭和22年生れ。46年京都大学文学部卒業後、産経新聞社入社。大阪本社副編集長、東京本社政治部次長、特集部長、論説委員長などを経て現在、特別記者・論説委員

  • ページ数
    201p
  • ISBN
    978-4-86306-083-8
  • 発売日
    2011年04月

1,524 (税込:1,646

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 拓殖大学は、明治の賢哲、桂太郎によって設立された台湾協会学校が始まりである。本書は、拓殖大学の創立110周年に当たり、戦前戦後にわたり紅陵を巣立って海外に雄飛した若者や、彼らを教育した大学関係者らの壮大な人間ドラマを追求した。
目次
桂太郎と台湾協会学校―見直されるべき「名宰相」
乃木希典の苦闘―台湾の未来にかけた将軍ら
後藤新平と台湾―「大風呂敷」による緻密な治世
新渡戸稲造の見識―台湾で糖業の飛躍をはたす
脇光三と日露戦争―特別任務で散った若き烈士
白鳥庫吉と宮原民平―邪馬台国から東の支那学へ
大川周明の世界への目―アジア解放に国家改造主張
田中逸平とイスラム―日本への危機感で聖地巡礼
重松〓修(まさなお)と朝鮮―農村を豊かに変えた「聖者」
山田悌一と満州―荒野に理想の学園村目指す〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 紅陵に命燃ゆ
  • 紅陵に命燃ゆ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中