ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 息子たちへ 母の生きた八十八年 下

  • 息子たちへ 母の生きた八十八年 下

息子たちへ 母の生きた八十八年 下

  • 渡辺泰子/著 渡辺 泰子
    1921年静岡県沼津市千本松原岡本別荘で生まれる。1926年沼津市立尋常小学校女子部(後に第二小学校)入学。1938年県立沼津高等女学校卒業。1948年福岡市片江で入党、50年まで農村活動。1952年教育紙芝居研究会勤務、後に童心社編集部。1970年童心社退職

  • ページ数
    311p
  • ISBN
    978-4-7807-0618-5
  • 発売日
    2011年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 母は実り豊かな 大きな樹──
    なかまを信じて、手を携えて
    その柱となり、いつも暢びやかに、激動の時代をまっすぐに歩き続けた母よ。
目次
辞めたら絵を描こう
地域での活動が始まる
算数の教科書を変えさせる
教育大跡地を公園にしよう
忙し過ぎた年
文京時代に開いた個展四回
紙芝居の仕事が集中した時代
朝鮮人従軍慰安婦ノート
浦和への転居
浦和へ転居後の個展―第五回から第十回まで
二〇〇〇年以後のこと
武の入院から死まで
一人暮しへの出発、十一回めの個展

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 息子たちへ 母の生きた八十八年 下
  • 息子たちへ 母の生きた八十八年 下

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中