ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • へいわって どんなこと? (日・中・韓 平和絵本)
  • へいわって どんなこと? (日・中・韓 平和絵本)

  • へいわって どんなこと? (日・中・韓 平和絵本)
  • へいわって どんなこと? (日・中・韓 平和絵本)

へいわって どんなこと? (日・中・韓 平和絵本)

  • 浜田桂子/作 浜田 桂子
    1947年埼玉県生まれ。桑沢デザイン研究所卒業。田中一光デザイン室勤務の後、子どもの本の仕事を始める

  • シリーズ名
    日・中・韓平和絵本
  • ISBN
    978-4-494-01964-9
  • 発売日
    2011年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,650

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • いろいろな事から平和を考える、日本・中国・韓国の絵本作家が手をつなぎ、子どもたちにおくる平和絵本シリーズ。

    へいわってどんなこと?
    「きっとね、へいわってこんなこと。せんそうをしない。ばくだんなんかおとさない。いえやまちをはかいしない……」
    いろいろな視点から平和を考え、平和の意味を問い返します。

    本シリーズは、日本の絵本作家が中国と韓国の絵本作家に呼びかけ、三か国12人の協力で実現した平和を訴える絵本です。
    三年以上の歳月をかけ、国を越えた意見交換を積み重ね、各国の歴史を踏まえて実現した画期的な取り組み。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 小学12年生 小学3

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

浜田桂子さんの描く優しい柔らかな感じの絵が好きなので、前から読みたいと思っていました。浜田さんの絵本の中に、今まではこういった平和や戦争に関するものはなかったような気がしていたので、どんな絵本なのだろう?と思っていたのです。子どもにもとても伝わりやすい平易な言葉で、平和についてが描かれています。中に「ぼくが うまれて よかったって いうこと」という言葉があり、その言葉が私にはずーんと重く刺さってきました。震災前にはこの平和な国に子どもが生まれてきたことがとても幸せと感じていました。でも、今はそうはいえない子どもたちが日本にもいることを思うのです。安心して空気が吸えない、外で思い切り遊ぶことができない、子どもに許されていいはずのことをあきらめなくてはいけない子どもたちがいること。大人として何とかしたいと思ってもできない自分のことも。平和も美しい環境も、ごく当たり前のことではないのです。そこにはそれを守り続けようとする強い気持ちがいるのです。偉くなることもお金をたくさん儲けることも大切だと感じる人はたくさんいるかもしれません。でも、ごく普通の平和な生活を次の世代に送ること、それが今一番貴いことだと思えます。(はなびやさん 40代・愛知県○市 男の子9歳)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中