ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 蒼海に消ゆ 祖国アメリカへ特攻した海軍少尉「松藤大治」の生涯
  • 蒼海に消ゆ 祖国アメリカへ特攻した海軍少尉「松藤大治」の生涯
  • 蒼海に消ゆ 祖国アメリカへ特攻した海軍少尉「松藤大治」の生涯

  • 蒼海に消ゆ 祖国アメリカへ特攻した海軍少尉「松藤大治」の生涯
  • 蒼海に消ゆ 祖国アメリカへ特攻した海軍少尉「松藤大治」の生涯
  • 蒼海に消ゆ 祖国アメリカへ特攻した海軍少尉「松藤大治」の生涯

ポイント倍率

蒼海に消ゆ 祖国アメリカへ特攻した海軍少尉「松藤大治」の生涯

  • 門田隆将/著 門田 隆将
    1958(昭和33)年、高知県生まれ。中央大学法学部卒。雑誌メディアを中心に、政治、経済、司法、事件、歴史、スポーツなどの幅広いジャンルで活躍している。『この命、義に捧ぐ台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(集英社)で、第十九回山本七平賞受賞

  • ページ数
    293p
  • ISBN
    978-4-08-780606-9
  • 発売日
    2011年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ゼロ戦に乗り、特攻に散った日系アメリカ青年の鮮烈な生きざまが、
    六十有余年の時を経て明らかになる感動の歴史ノンフィクション!

    昭和20年4月6日、沖縄を取り囲む米機動部隊に対して、
    およそ300機が参加した空前絶後のカミカゼ・アタックがおこなわれた。
    この特攻隊員の中に、米・サクラメントで生まれ育った日系二世・松藤大治がいた。

    15歳で父母の祖国日本に戻り、やがて東京商科大学(現・一橋大学)に進んだ彼の夢は、
    日本とアメリカを結ぶ「外交官」になることだった。
    だが、時代の波は、松藤にその道を進むことを許さなかった。

    剣道の達人にして、トランペットの名手。頭脳明晰でリーダーシップに富み、
    誰からも愛された青年は、なぜ日本のために「死」を選んだのか。
    当時の学友、戦友から、いまも米国に健在な実弟まで、
    生前の松藤を知る人々を門田隆将が一人ひとり訪ね歩き、
    貴重な証言を積み重ねて真実を追究したノンフィクション。

    数奇な運命に翻弄されながらも希望を失わずに毅然として生き、
    「日本は戦争に負ける。でも、俺は日本の後輩のために死ぬんだ」
    と言い残して特攻に散った日系アメリカ人の感動の生涯は、
    私たちに「日本人とは何か」を改めて問いかけて来る──。
目次
カリフォルニア州サクラメント
剣士の誕生
現れた転校生
戦時下の日本
束の間の幸せ
別れのトランペット
始まった東京生活
迫りくる戦火の足音
学徒出陣
猛訓練の日々
元山航空隊
特攻出撃
敵部隊見ゆ
生きていた戦友の姿

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中