ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 気骨の人城山三郎

  • 気骨の人城山三郎

気骨の人城山三郎

  • 植村鞆音/著 植村 鞆音
    昭和13(1938)年、愛媛県松山市に生まれる。昭和37年、早稲田大学第一文学部史学科卒業、東映株式会社入社。昭和39年、株式会社テレビ東京入社。平成6(1994)年、同局常務取締役。平成11年、株式会社テレビ東京制作代表取締役社長。現在、DACグループ顧問。一般社団法人STEP理事。著書に第十九回尾崎秀樹記念・大衆文学研究賞受賞作『直木三十五伝』(文藝春秋)、第五十五回日本エッセイスト・クラブ賞受賞作『歴史の教師 植村清二』(中央公論新社)などがある

  • ページ数
    226p
  • ISBN
    978-4-594-06396-2
  • 発売日
    2011年03月

1,800 (税込:1,944

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 『落日燃ゆ』『男子の本懐』『官僚たちの夏』『指揮官たちの特攻』そして『そうか、もう君はいないのか』……数々のベストセラーを生み出した大作家・城山三郎。その作品は勿論、「卑しさ」を嫌い、「筋」を通し続けた生き様が読者の強い共感を呼び、いまだに根強い人気を誇っている。そんな城山の人となりを描く評伝。直木三十五の甥にあたり、生前より城山と親しくしていた著者が、あまり知られていない城山の姿など、踏み込んだ内容で描いていく。
目次
1 晩年の城山三郎先生
2 小伝(少年時代
出征
青春時代
結婚
文壇デビュー
人気作家)
3 城山三郎の生き方(家族
日常生活、趣味
読書、文壇づき合い
尊敬する人物
箴言)
4 容子の死
5 城山三郎の死

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 気骨の人城山三郎
  • 気骨の人城山三郎

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中