ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • もう黙っていられない! いまこそ「国家の危機」を救う55の憤怒直言

  • もう黙っていられない! いまこそ「国家の危機」を救う55の憤怒直言

もう黙っていられない! いまこそ「国家の危機」を救う55の憤怒直言

  • 平沢勝栄/著 平沢 勝栄
    昭和20年岐阜県出身。昭和43年東京大学法学部卒業。警察庁入庁。在英日本国大使館一等書記官、後藤田正晴内閣官房長官秘書官、警察庁・防衛庁各審議官などを経て退官。衆議院議員選挙に5期連続当選。衆議院拉致問題特別委員長、内閣府副大臣、衆議院外務委員長などを歴任。現自民党法務部会長、党SC法務大臣、衆議院法務委員会筆頭理事。慶応義塾大学大学院講師(非常勤)

  • ページ数
    271p
  • ISBN
    978-4-19-863162-8
  • 発売日
    2011年09月

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「国を不幸にする」民主党の正体から尖閣に象徴される弱腰外交、拉致問題の秘策まで「日本再生」のための新提言。
目次
第1章 迷走する民主党政権(政府の無能無策
参院議長の爆弾発言 ほか)
第2章 政権交代とは何だったのか(民主党の正体
大失態の真相 ほか)
第3章 自民党のあるべき姿とは(小泉劇場の裏側
政治の情と理 ほか)
第4章 日本が抱える内政問題(日本の治安危機
少年法の考察 ほか)
第5章 日本外交はどうあるべきか(北朝鮮の脅威
拉致問題の再検討 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • もう黙っていられない! いまこそ「国家の危機」を救う55の憤怒直言
  • もう黙っていられない! いまこそ「国家の危機」を救う55の憤怒直言

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中