ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • コレクション日本歌人選 003

  • コレクション日本歌人選 003

コレクション日本歌人選 003

  • 和歌文学会/監修 大塚 英子
    1933年岡山県生。東京大学文学部国文学科卒業。元・駒澤大学講師(非常勤)

  • 巻の書名
    小野小町
  • 巻の著者名
    大塚英子/著
  • ページ数
    120p
  • ISBN
    978-4-305-70603-4
  • 発売日
    2011年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 小野小町。平安初期の六歌仙にただ一人選ばれた女性。業平とともに色好みとして名を馳せ、後人による小町歌が加わり、美人落魄伝説の主人公としてその名が各地に伝播した。生没年も出自も定かではなく、小町が残した歌で確かなのは『古今集』の十八首だけだが、その歌から九世紀中葉の宮廷と文化人の間で新しい歌が形成されていく時流の中心に生きた小町像が浮かび上がる。唐代文学と新仏教の波を受けつつ仮名文字が生み出される渦中にあって、恋歌を詠い続けることで王朝女流文学の先駆的存在となった。「百人一首」で有名な「花の色は移りにけりな」の歌は、その実像と虚像の架け橋である。
目次
思ひつつぬればや人の
うたた寝に恋しき人を
いとせめて恋しき時は
うつつにはさもこそあらめ
かぎりなき思ひのまゝに
夢路には足もやすめず
秋の夜も名のみなりけり
あはれてふことこそうたて
花の色はうつりにけりな
秋風にあふたのみこそ〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • コレクション日本歌人選 003
  • コレクション日本歌人選 003

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中