ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 五大湖の夏

  • 五大湖の夏

五大湖の夏

  • マーガレット・フラー/著 高野一良/訳・解説 フラー,マーガレット(Fuller,Margaret)
    1810‐1850。19世紀半ばのアメリカ合衆国を代表する女性知識人。1810年政治家の長女として生まれる。思想家、評論家、ジャーナリスト、詩人として活躍し、女性の権利、犯罪者や貧困者など社会的弱者、アメリカン・インディアンをめぐる人種問題など、多様な問題に関心を寄せた。夫、息子と共にヨーロッパから帰国途上、船が難破、享年40歳

    高野 一良
    1959年生まれ。東京都立大学人文学部講師、助教授を経て、首都大学東京都市教養学部教授。専攻領域はアメリカ文学及びアメリカ文化

  • ページ数
    381p
  • ISBN
    978-4-89642-335-8
  • 発売日
    2011年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,104

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 陸路は整わず蒸気船で町々を行き、馬車で足を延ばす。インディアン、果てのない大平原…開拓者が定住し始めた時代。本書は“旅行記であって旅行記ではない”。無垢の自然を賞讃する一方で、突然挿入される、架空の少女、女性霊視者、インディアン旅行記からの引用、縦横無尽の大いなる脱線。時代を先取る雑誌的手法は様々な読み解きを誘う。大自然に耳を傾け、先住民の精神に共感し、国力を蓄えつつある米国の進む先のオルタナティヴな道を探る、19世紀中葉、米国を代表する女性知識人、待望の本邦初訳。
目次
一八四三年六月、ナイアガラにて
五大湖
六月二十日、シカゴ
シカゴ再び
ウィスコンシン
マキノー
スーセントマリー

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Summer on the Lakes,in 1843
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 五大湖の夏
  • 五大湖の夏

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中