ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 耳の聞こえない私が4カ国語しゃべれる理由

  • 耳の聞こえない私が4カ国語しゃべれる理由

耳の聞こえない私が4カ国語しゃべれる理由

  • 金修琳/著 金 修琳()
    1972年4月9日、韓国ソウル生まれ。聴覚障害を持ちながらも、韓国語、日本語、英語、スペイン語の4カ国語を話す。2歳の時に親が離婚、4歳で親に捨てられ、6歳までに聴覚を失う。12歳の時、日本人と再婚して日本に来ていた母親の導きで来日、千葉県銚子で中学・高校時代を過ごす。高校卒業後、一念発起して単身イギリスへ留学し、帰国後、日本の短大を卒業すると王子製紙に就職する。入社4年目、「うつ」になり、退社

  • ISBN
    978-4-591-12414-7
  • 発売日
    2011年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 30歳で外資系一流企業に就職した変わり種キャリアウーマンのへこたれないトンデモ半生記!生まれは、ソウル。4歳で親に捨てられ、6歳で聴覚を失う。12歳の時、銚子で韓国スナックのママになっていた母に連れられ日本へ。耳は聞こえず、言葉もわからず、学校ではイジメにあう散々な毎日。成績もどん底で、なんとか入れたのは地元の超ヤンキー高校だった。そんな彼女が、なぜ世界へ羽ばたいていけたのか―。
目次
第1章 韓国語(親に捨てられた四歳のわたし
金もうけの天才!
ふたたび捨てられ、そして音を失う)
第2章 日本語(言葉も通じない国でただひとり…
日本語をマスター!
石橋家での日々
まさに地獄!母との生活)
第3章 英語(英語を身につけてみせる!
人生のテーマ、それは…
「うつ」になっちゃったわたし)
第4章 スペイン語(三年で三十か国の海外放浪スタート!
スペイン語習得と、もうひとつの出会い)
第5章 世界一というステージ(ゴールドマン?
婚活ッ!!
挫折、ふたたび「うつ」へ
転職、出産、そして…)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 耳の聞こえない私が4カ国語しゃべれる理由
  • 耳の聞こえない私が4カ国語しゃべれる理由

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中