ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 学校という劇場から 演劇教育とワークショップ

  • 学校という劇場から 演劇教育とワークショップ

学校という劇場から 演劇教育とワークショップ

  • 佐藤信/編 佐藤 信
    劇作家・演出家。1960年代後半から、アンダーグラウンド・シアター自由劇場、六八/七一黒色テント(現、劇団黒テント)の活動を通して、小劇場運動の一翼を担う。八〇年代以降、東南アジア現代との交流を通して学んだ演劇ワークショップのさまざまな実践に取り組む。2000年~9年、東京学芸大学教育学部「表現コミュニケーション専攻」担当教員をつとめる

  • ISBN
    978-4-8460-0981-6
  • 発売日
    2011年02月

2,500 (税込:2,750

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • いま何がどこでどのように行われているのか。演劇教育とワークショップを考える。現場の6人からの実践記録。
目次
第1章 演じることによって何が見えるのか
第2章 演劇は人と人とをつなげられるのか
第3章 演劇は学びを民主化できるのか
第4章 演劇は学校にとって劇薬か
第5章 演劇教育に上演は必要か
第6章 演劇人と教師は共働できるのか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 教員

ページの先頭へ

閉じる

  • 学校という劇場から 演劇教育とワークショップ
  • 学校という劇場から 演劇教育とワークショップ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中