ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 共創カウンセリングの理論と実践 ひきこもり・不登校の人々と明るい未来のために

  • 共創カウンセリングの理論と実践 ひきこもり・不登校の人々と明るい未来のために

共創カウンセリングの理論と実践 ひきこもり・不登校の人々と明るい未来のために

  • 小松隆二/著 中野晃男/著 冨田來/著 小松 隆二
    現・白梅学園理事長・慶應義塾大学名誉教授。昭和13年新潟県生まれ。経済学博士(慶應義塾大学)。慶應義塾大学・東北公益文科大学教授を歴任。地域活性化伝道師。いくつかの公益法人の役員を歴任あるいは現職

    中野 晃男
    現・日本共創カウンセリング研究会代表。昭和18年東京都生まれ。千葉県立博物館長・千葉県立八街高等学校長・全国総合学科高等学校長協会副理事長・東北公益文科大学兼任講師を歴任。メンタルカウンセリング「こころの扉」室長・日本セルフイング協会代表理事に就任。平成16年文部科学大臣賞受賞。44年間、ひきこもり・不登校の臨床的研究に従事・実践

    冨田 來
    現・メンタルクリニックとみた院長。昭和15年静岡県生まれ。順天堂大学医学部卒。誠馨会加曾利病院副院長・社会福祉法人慈心会理事長を歴任し現職。平成16年、ひきこもり・不登校回復のため、メンタルカウンセリング「こころの扉」を設立

  • ISBN
    978-4-8460-1028-7
  • 発売日
    2011年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,200

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • なぜ、ひきこもり・不登校の数は減らないのか。ひきこもりの実態、カウンセリングの役割、回復に向かう段階と技法等、公益学の協働・共創の理論をもとに最良の解決方法を探る。現場からの報告に基づく、カウンセラー必読の書。
目次
第1章 カウンセリングとは何か―カウンセリングの本質、定義、基本問題(二一世紀はカウンセリングの時代
カウンセリングの考え方・あり方 ほか)
第2章 ひきこもりとは何か(ひきこもりに対する対応で最も大切なこと
ひきこもりの現実―あるひきこもりの事例 ほか)
第3章 ひきこもりと公益・共創―公益・共創とは何か(誰もが日々日常的に触れる公益活動
人間の内なる二面性 ほか)
第4章 ひきこもりの回復に向かう段階と技法(ひきこもりを解決する段階と課題
ひきこもりからの回復の開始と展開 ほか)
終章 公益社会とカウンセリング(公益社会・公益文化とは何か
市場原理・経済活動に対する公益原理の活用とチェック機能 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 共創カウンセリングの理論と実践 ひきこもり・不登校の人々と明るい未来のために
  • 共創カウンセリングの理論と実践 ひきこもり・不登校の人々と明るい未来のために

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中