ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 流刑の街

  • 流刑の街

流刑の街

  • チャック・ホーガン/著 加賀山卓朗/訳 ホーガン,チャック(Hogan,Chuck)
    マサチューセッツ州生まれ。ビデオショップの店員をしながら書いた小説『人質』(講談社)がエージェントの目にとまり、たちまち大手出版社でデビュー。3作目の『強盗こそ、われらが宿舎』(ヴィレッジブックス)でハメット賞を受賞。ミステリー界での地位を不動のものとする。現在もマサチューセッツ州在住

    加賀山 卓朗
    英米文学翻訳家

  • シリーズ名
    ヴィレッジブックス F-ホ7-3
  • ページ数
    440p
  • ISBN
    978-4-86332-303-2
  • 発売日
    2011年01月

860 (税込:929

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ボストンの駐車場で夜間警備員として働く、若きイラク帰還兵メイヴン。ある晩、強盗に襲われた彼は、反撃のすえ相手を殺しかけてしまう。その翌日、メイヴンは一人の美しい女からある人物に連絡するよう伝言を受ける。メイヴンを待っていたのは元軍人だという謎めいた男ロイス。彼はメイヴンに自分のチームで働かないかと言ってきた。除隊後鬱屈した日々を送るメイヴンのような男たちを集め、麻薬組織を襲撃して街を浄化すること―それがロイスの“仕事”だった。戦場を思い起こさせる仲間たちとの絆と多額の報酬、すべては完璧に思えた。ある日歯車が狂いだし、街に血が流れ始めるまでは…。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:DEVILS IN EXILE
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 流刑の街
  • 流刑の街

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中