ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 銅鐸民族の悲劇 戦慄の古墳時代を読む

  • 銅鐸民族の悲劇 戦慄の古墳時代を読む

銅鐸民族の悲劇 戦慄の古墳時代を読む

  • 臼田篤伸/著 臼田 篤伸
    1945年長野県佐久市に生まれる。1963年長野県立野沢北高校卒業。1973年東京医科歯科大学歯学部口腔外科大学院修了、歯学博士、癌の細胞培養学専攻。1974年東京厚生年金病院歯科部長就任。1976年埼玉県川口市にて歯科医院開業。本業のかたわら風邪(インフルエンザを含む)、癌、日本古代史の研究に取り組む。日本歯科医師会、日本免疫病治療研究会、バイオハザード予防市民センター(代表幹事)、ワクチントーク全国、多元的古代研究会、古田史学の会、米沢興譲教会に所属

  • ページ数
    260p
  • ISBN
    978-4-7791-1591-2
  • 発売日
    2011年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 巨大古墳群は被征服民族・銅鐸民族の奴隷労働の結果であり、そこは同時に古代日本版「収容所群島」だった。古墳時代“消耗システム論”を立証した異色の書。
目次
古墳時代―この奇妙な時代発生の謎
エジプト古王国文明の謎―わが国の大古墳群の理解を深めるために…
ピラミッドと日本の巨大古墳の類似性
わが国古墳時代の特質―支配と奴隷
古墳をめぐる諸説―主流派の説
アマチュアの視点が求められる古代史説
古墳の真実への道標となる説
消耗システムの考古学的証明
消耗システムの現実的証明
近畿王権の古墳時代は“鎖国”だった
大国主神の正体
古代日本の収容所群島―それが巨大古墳群だった

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

銅鐸文化の消滅に合わせて巨大古墳が出現した事実は“民族戦争”で、敗者となった銅鐸民族の奴隷労働で造られたことを意味する。

ページの先頭へ

閉じる

  • 銅鐸民族の悲劇 戦慄の古墳時代を読む
  • 銅鐸民族の悲劇 戦慄の古墳時代を読む

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中