ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 薬物・アルコール依存症からの回復支援ワークブック

  • 薬物・アルコール依存症からの回復支援ワークブック

薬物・アルコール依存症からの回復支援ワークブック

  • 松本俊彦/著 小林桜児/著 今村扶美/著 松本 俊彦
    独立行政法人国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部診断治療開発研究室長/自殺予防総合対策センター副センター長。佐賀大学医学部卒業。神奈川県立精神医療センター、横浜市立大学医学部附属病院精神科、国立精神・神経センター精神保健研究所司法精神医学研究部などを経て現職

    小林 桜児
    独立行政法人国立精神・神経医療研究センター病院精神科医師。慶応義塾大学文学部哲学科、信州大学医学部卒業。横浜市立大学附属病院で研修後、NTT東日本伊豆病院精神科、神奈川県立精神医療センターを経て現職

    今村 扶美
    独立行政法人国立精神・神経医療研究センター病院心理療法士。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。所沢市立教育センター教育相談員、東京少年鑑別所および川越少年刑務所心理技官を経て現職

  • ISBN
    978-4-7724-1180-6
  • 発売日
    2011年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は、著者ら3人が中心となって試行錯誤を繰り返しながら作り上げてきた薬物依存症治療プログラムである、「せりがや覚せい剤再乱用防止プログラム(SMARPP)」の教材を、アルコール依存症にも対応できるような加筆を施したワークブックである。急激な覚せい剤の乱用拡大を経験した米国で、認知行動療法を用いて開発された外来治療アプローチ、Matrix Modelを参考にして作られたこのワークブックは、依存症に関する28の簡単な質問やテーマについて考え、答えることによって、薬物依存者に疾患への理解を促し、治療動機を高め、同じ悩みをもつ仲間と新しい生き方を獲得する方途を提供。また、経験の少ない専門職援助者にとっても、薬物依存者と対話を進めることのできる、一種のコミュニケーション・ツールとして役立つだろう。
目次
「なぜ、アルコールや薬物をやめなきゃいけないの?」
引き金と欲求
精神障害とアルコール・薬物乱用
アルコール・薬物となじみ深いものとお別れしよう
アルコール・薬物のある生活からの回復段階―最初の1年間
アルコールと薬物を使わない生活を送るために注意すべきこと
これからの生活のスケジュールを立ててみよう
合法ドラッグとしてのアルコール
マリファナはタバコより安全?
引き金→考え→欲求→使用〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 薬物・アルコール依存症からの回復支援ワークブック
  • 薬物・アルコール依存症からの回復支援ワークブック

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中