ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 渋沢栄一 2

  • 渋沢栄一 2

渋沢栄一 2

  • 鹿島茂/著 鹿島 茂
    1949年神奈川県横浜市生れ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。現在、明治大学国際日本学部教授。専門の十九世紀フランス文学に留まらず幅広い分野で執筆活動を行っている。『馬車が買いたい!』(白水社)でサントリー学芸賞、『子供より古書が大事と思いたい』(青土社)で講談社エッセイ賞を受賞

  • 巻の書名
    論語篇
  • ページ数
    457p
  • ISBN
    978-4-16-373590-0
  • 発売日
    2011年01月

2,000 (税込:2,160

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 渋沢栄一がブームとなっています。資本主義化著しい中国でも研究が進むなど、その影響は日本に留まりません。「日本の資本主義の父」でありながら、「論語と算盤」で知られる高い倫理観で人々に警鐘を鳴らし続けた渋沢。しかしあまりにも多くの足跡を残したため評伝作家も投げ出し、91年(!)の生涯の一部を切り取った作品ばかりでした。本書は、巨人の全貌に、フランス流の資本主義(サン=シモン主義)という新しい光をあて、その人生を公私ともに描き切ったものです。
目次
第5章 すべては「民」の発展のために(東京高商の設立
利殖は二の次 ほか)
第6章 民間外交でみせた手腕(アメリカで原点に返る
民間外交は膠のごとく ほか)
第7章 「論語」を規範とした倫理観(田園都市の理想
女子教育への期待 ほか)
第8章 近代性に貫かれた家庭人としての渋沢(もうひとりの渋沢
明治実業家の光と影 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 渋沢栄一 2
  • 渋沢栄一 2

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中