ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 福沢諭吉の原風景 父と母・儒学と中津

  • 福沢諭吉の原風景 父と母・儒学と中津

福沢諭吉の原風景 父と母・儒学と中津

  • 谷口典子/著 谷口 典子
    早稲田大学文学部卒業。早稲田大学経済学研究科特別研修生修了。経済学博士。日本ペンクラブ会員。現在、東日本国際大学教授。儒学文化研究所所長

  • ページ数
    226p
  • ISBN
    978-4-7888-0655-9
  • 発売日
    2010年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 『学問のすゝめ』は諭吉が「唾して」去った故郷、中津の人々へのメッセージでもあった。中津には諭吉のアンビバレンツな発想の原点があった。そこには父百助の儒学と、母於順との孤高生活があった。亡き父を慕い、19歳まで学び続けた儒学。啓蒙思想家福沢諭吉の原風景とは。
目次
1 福沢諭吉の原風景(「人誰か故郷を思わざらん」
原風景としての中津と家族
諭吉と『学問のすゝめ』)
2 徳川からの遺産(江戸から明治へ―儒学の日本的発展
明治の近代化と社会的流動性
ウェーバーによる近代化テーゼと諭吉)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 福沢諭吉の原風景 父と母・儒学と中津
  • 福沢諭吉の原風景 父と母・儒学と中津

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中