ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 探求-エネルギーの世紀 上下巻セット

  • 探求-エネルギーの世紀 上下巻セット

探求-エネルギーの世紀 上下巻セット

  • シリーズ名
    特別企画
  • 発売日
    2012年06月

4,600 (税込:4,968

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 21世紀の生活を支える未来のエネルギーとは何か? 『石油の世紀』の著者が、フクシマ後のエネルギーの世紀を描く。

    【上巻「序」より】
     2つの出来事が同時期に、地球の反対側で起きた。どちらも世界を震撼させた。
     2011年3月11日、日本時間の午後2時46分、太平洋三陸沖深さ約24キロメートルで、巨大な2つのプレートが上向きのとてつもなく激しい力を発生させて、史上最大級の地震を起こした。東日本の広い範囲で家屋やインフラに甚大な被害が生じたうえに、福島第一原子力発電所への送電を含む電力供給が断たれた。地震から数十分のうちに巨大な津波が海岸線を襲い、一万数千のひとびとが溺死した。海岸に面していた福島第一原発では、津波が防波堤を越えて発電所内に流れ込み、予備電源をまかなうディーゼル発電機も浸水して、原子炉を制御するのに必要な冷却水が供給できなくなった。その後、水素爆発によって施設が損壊し、放射性物質が大気中に拡散、さらに、深刻な炉心溶融が起きた……

商品詳細情報

フォーマット 単行本

商品のおすすめ

■脱原発か? それとも……?
 東日本大震災は、私たちの生活を激変させました。そして福島第一原発事故は、全世界的な電力需要をまかなうのに不可欠と考えられてきた「原子力ルネサンス」に、大きな疑問を投げかけました。そして現代社会が電力に依存している実態を浮き彫りにしました。私たちの社会は電力なしでは成立せず、今後、ますます電力依存は深まっていくことが予想されているのです。
 私たちの未来は、どのエネルギーに頼って生きることになるのでしょうか? エネルギーの世界的権威が、フクシマ後の未来を描いた超話題作が登場です!


■原子力と核、再生可能エネルギーの未来とは?
 著者によると、2030年に世界の電力消費は倍増、エネルギー消費は現在の4割増になるといいます。藻、スイッチグラスなどバイオ燃料、風力、太陽光など再生可能エネルギー、電気・水素自動車などの未来の技術……そして原子力と核の未来とは?


■新興国の発展が、エネルギー産業に地殻変動をもたらすのか?
 現在のグローバル経済は65兆ドル規模。ところが、20年後は130兆ドル規模になると予想されています。この経済規模をまかなうのに、資源は充分でしょうか? 
 どうすれば、数十億人の新興国のひとびとが使うエネルギーの爆発的増加、つまり「エネルギー需要のグローバリゼーション」は乗り越えられるのでしょうか? 


■著者はエネルギー問題の世界的権威!
 著者のダニエル・ヤーギン氏は、エネルギー問題の世界的権威で、全世界で大ベストセラーとなった『石油の世紀』ではピュリツァー賞を受賞しています。
 福島第一原発事故を踏まえて書かれた本作は、ニューヨーク・タイムズ紙、フィナンシャル・タイムズ紙、エコノミスト誌など各紙誌で「現代人の必読書」と絶賛!

ページの先頭へ

閉じる

  • 探求-エネルギーの世紀 上下巻セット
  • 探求-エネルギーの世紀 上下巻セット

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中