ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ノー・フューチャー イタリア・アウトノミア運動史

  • ノー・フューチャー イタリア・アウトノミア運動史

ノー・フューチャー イタリア・アウトノミア運動史

  • フランコ・ベラルディ/著 廣瀬純/訳・解説 北川眞也/訳・解説 ベラルディ(ビフォ),フランコ(Berardi(Bifo),Franco)
    1949年、イタリアのボローニャで生まれる。雑誌『ア/トラヴェルソ』の創刊、自由ラジオ「ラディオ・アリーチェ」を開局するなど、70年代のイタリア・アウトノミア運動の中心で活動する。77年の政治的弾圧によりフランスへ逃れ、その後ニューヨークにわたりサイバーパンクの潮流にかかわる。85年にイタリアに帰国後、インターネットをはじめとする新たなメディアを使ったネットワークの構築にとりくみ、メディア・アクティヴィストとして活動の領域を広げていく

    廣瀬 純
    1971年生、龍谷大学経営学部教員、映画批評誌『VERTIGO』(Nouvelles ´Editions Lignes)編集委員

    北川 眞也
    1979年生、大阪市立大学都市研究プラザG‐COE特別研究員(博士研究員)

  • ISBN
    978-4-903127-12-5
  • 発売日
    2010年12月

2,800 (税込:3,024

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「アウトノミア運動」とは何だった/何であるのか?1977年―すべての転回が起こった年!イタリアでは、労働を人生のすべてとは考えない若者たちによる、激しい異義申し立て運動が爆発した。77年の数々の反乱が今日の私たちに宛てて発信していた、革新的・破壊的なメッセージを、メディア・アクティヴィストであるビフォが描きだす。
目次
二つの派
文化の伝達
残余となった具体的なもの
「革命は終わりぼくたちは勝利した」
技術の問いについて
人類学的カテゴリーとしての労働
創造的運動と生産的労働
弱い思想と精神の生態学
無垢の思想のために
世界じゅうのひきこもりたちよ団結せよ(日本の読者へ)
もうひとつのオペライズモ フランコ・ベラルディの場合―1963年から1972年まで
フランコ・ベラルディ(ビフォ)へのインタヴュー―1973年から2008年まで
イタリア、1977年以後

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:Dell’innocenza.1977
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ノー・フューチャー イタリア・アウトノミア運動史
  • ノー・フューチャー イタリア・アウトノミア運動史

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中