ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 生き神の思想史 日本の近代化と民衆宗教

  • 生き神の思想史 日本の近代化と民衆宗教

生き神の思想史 日本の近代化と民衆宗教

  • 小沢浩/著 小沢 浩
    1937年生まれ。元富山大学教授。近代日本民衆宗教史専攻

  • シリーズ名
    岩波人文書セレクション
  • ページ数
    315p
  • ISBN
    978-4-00-028439-4
  • 発売日
    2010年12月

2,600 (税込:2,808

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「生き神」の思想は人々の自己解放・変革にいかに関わったのか。転換期における民衆思想の展開過程を描く。
目次
1 (日本の近代化と民衆宗教
民衆宗教における“近代”の相剋―教派神道体制下の金光教)
2 (齋藤重右衛門のこと―ある民衆宗教布教者のプロフィール
戦争と信仰―『〓(そう)子』と大久保さん父子のこと)
3 (生き神の思想史―神と人とのあいだ
ナショナリズムと民衆宗教
霊と近代―民衆宗教における霊魂観の変遷)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 生き神の思想史 日本の近代化と民衆宗教
  • 生き神の思想史 日本の近代化と民衆宗教

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中