ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 能は死ぬほど退屈だ 演劇・文学論集

  • 能は死ぬほど退屈だ 演劇・文学論集

能は死ぬほど退屈だ 演劇・文学論集

  • 小谷野敦/著 小谷野 敦
    1962年茨城県生まれ、埼玉県育ち。本名読みあつし。1987年東京大学文学部英文学卒。1997年同大学院比較文学文化博士課程修了、学術博士。1990~92年カナダのブリティッシュ・コロンビア大学に留学。1994年より99年まで大阪大学言語文化部講師、助教授、国際日本文化研究センター客員助教授などを経て文筆業。著書に『聖母のいない国』(河出文庫、サントリー学藝賞受賞)など

  • ISBN
    978-4-8460-1058-4
  • 発売日
    2010年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,300 (税込:2,530

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 能から現代演劇へ。近代文学から現代文学へ。はば広く鋭いまなざしから生まれる珠玉のエッセイ集。野坂昭如との対談を収録。
目次
演劇篇
学問・文藝篇
生活篇
社会篇
受賞作篇―受賞作を読む
対談 四十男はもてるのか?(対談 野坂昭如)
歌壇・俳壇化する演劇―あとがきにかえて

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 能は死ぬほど退屈だ 演劇・文学論集
  • 能は死ぬほど退屈だ 演劇・文学論集

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中