ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • いとけなく愛らしき者たちよ

  • いとけなく愛らしき者たちよ

いとけなく愛らしき者たちよ

  • ジリアン・ホフマン/著 吉田利子/訳 ホフマン,ジリアン(Hoffman,Jilliane)
    アメリカ、ロングアイランド育ち。セント・ジョーンズ大学ロースクール在学中からクイーンズやブルックリンの検事局で検察官として修行を積み、卒業後はフロリダ州マイアミの検事局で検事補となる。その後、フロリダの法執行局に移り、地域法務アドバイザーとして麻薬、殺人、組織犯罪などの複雑な犯罪捜査にあたる特別捜査官に法的助言を与える一方、ジャンニ・ヴェルサーチを射殺した連続殺人犯アンドリュー・クナナンの事件などの調査にもあたった。2001年、法執行局を辞職し、南フロリダに住みながら執筆に専念

    吉田 利子
    翻訳家。東京教育大学文学部卒業

  • シリーズ名
    ヴィレッジブックス F-ホ3-5
  • ページ数
    546p
  • ISBN
    978-4-86332-291-2
  • 発売日
    2010年11月

860 (税込:929

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • レイニーは13歳の可憐な少女。インターネットで知り合った少年にデートに誘われた彼女は、ある放課後、約束の場所まで出かけていく。だが、レイニーの姿はそれきり消えてしまった。家出か、誘拐事件か?事件を担当することになったのはフロリダ法執行局のボビー・ディーズ特別捜査官。未成年者をめぐる事件の解決に多大な実績をあげているボビーだったが、それにはある特別な事情があった。一方、少女の家出問題を取材するテレビレポーターのもとにおぞましい油絵が送られてくる。ピカソ殺人事件と名づけられた一連の少女連続殺人事件…レイニーもまた犠牲者なのか。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:Pretty little things
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • いとけなく愛らしき者たちよ
  • いとけなく愛らしき者たちよ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中