ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 欲望の現象学 ロマンティークの虚偽とロマネスクの真実

  • 欲望の現象学 ロマンティークの虚偽とロマネスクの真実

欲望の現象学 ロマンティークの虚偽とロマネスクの真実

  • ルネ・ジラール/〔著〕 古田幸男/訳 ジラール,ルネ(Girard,Ren´e)
    1923年南フランスのアヴィニョンに生まれる。パリの古文書学院、アメリカのインディアナ大学で学業を修め、同大学をはじめジョンズ・ホプキンズ大学、ニューヨーク州立大学などを経て1981年からスタンフォード大学のフランス語学・文学・文明の教授。独自の模倣理論・三角形的欲望理論・暴力理論をもとに、文学・社会学などの分野で注目すべき評論を行なっている

    古田 幸男
    1930年生まれ。東京都立大学大学院仏文学科修士課程修了。法政大学名誉教授

  • シリーズ名
    叢書・ウニベルシタス 29
  • ページ数
    358,2p
  • ISBN
    978-4-588-09928-1
  • 発売日
    2010年11月

4,000 (税込:4,320

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人間と人間社会がたどってきた歴史の次第に悪化するプロセスを,ロマネスク文学作品の社会学的・心理学的分析を通して解明。
目次
“三角形的”欲望
人間はお互いにとって神である
欲望の変貌
主人と奴隷
「赤」と「黒」
スタンダール、セルバンテス、フロベールにおける技法の諸問題
主人公の苦行精神
マゾヒスムとサディスム
プルーストの世界
プルーストとドストイェフスキーにおける技法の諸問題
結び

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:MENSONGE ROMANTIQUE ET VERITE ROMANESQUE

ページの先頭へ

閉じる

  • 欲望の現象学 ロマンティークの虚偽とロマネスクの真実
  • 欲望の現象学 ロマンティークの虚偽とロマネスクの真実

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中