ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ハンス・ヨナス「回想記」

  • ハンス・ヨナス「回想記」

ハンス・ヨナス「回想記」

  • ハンス・ヨナス/著 盛永審一郎/訳 木下喬/訳 馬渕浩二/訳 山本達/訳 盛永 審一郎
    1948年千葉県生まれ。1975年東北大学大学院文学研究科博士課程中退。富山大学大学院医学薬学研究部・哲学教授

    木下 喬
    1947年仙台市生まれ。1975年東北大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。富山大学人文学部教授(哲学専攻)

    馬渕 浩二
    1967年岩手県生まれ。1998年東北大学大学院文学研究科博士課程修了、博士(文学)。中央学院大学商学部准教授(倫理学・社会哲学)

    山本 達
    1941年福井県生まれ。1970年東北大学大学院文学研究科博士課程中退。福井大学名誉教授、福井医療短期大学教授(倫理学、生命倫理)

  • ISBN
    978-4-88713-998-5
  • 発売日
    2010年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,800 (税込:5,184

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 現代の極点を生き抜いた一思想家の全体像。『責任という原理』はじめ、その目覚ましい著作活動により現代の思想状況に基底的影響をもたらしたヨナスはまた、一ユダヤ人として激動の20世紀の極点を生き抜いた生活者であった。欧州・イスラエル・北米にまたがり学生、兵士、研究者と変転した波乱の生涯を、ハイデガー、アーレント等、多くの師友との間のエピソードを交え、つぶさに語り明かした本書は、ヨナスの全体像を知る上必読の書であると共に、現代史の一面を刻印する興味溢れるドキュメントとも言えよう。
目次
1 体験と出会い(戦争時代のメンヘングラートバッハでの青少年時代
栄光の夢―シオニズムへの道
哲学とシオニズムのあいだ―フライブルク‐ベルリン‐ヴォルフェンヴュッテル
マールブルク―ハイデガーとグノーシスの呪縛圏のなかで ほか)
2 哲学と歴史(ハイデガーとの訣別
生命の価値と尊厳―有機体の哲学と責任の倫理学
「これらすべては言い淀むことである」―アウシュヴィッツと神の無力
ローレ・ヨナスへの教説の手紙(1944~1945))
付録(クリスチャン・ヴィーゼによる後書き「だが世界は、私にとって敵地ではまったくなかった」)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原タイトル:Erinnerungen
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ハンス・ヨナス「回想記」
  • ハンス・ヨナス「回想記」

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中