ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 国際人・廣瀬武夫 海軍中佐・ロシア駐在武官補佐官 その生き方・考え方の原点にあるものは何か?

  • 国際人・廣瀬武夫 海軍中佐・ロシア駐在武官補佐官 その生き方・考え方の原点にあるものは何か?

ポイント倍率

国際人・廣瀬武夫 海軍中佐・ロシア駐在武官補佐官 その生き方・考え方の原点にあるものは何か?

  • 童門冬二/著 櫻田啓/著 辻野功/著 古庄幸一/著 谷川清澄/著 阿川弘之/著 平松守彦/著 S.A.フルツカヤ/著 石川一洋/著 K.O.サルキソフ/著 川村秀/著 藤? 童門 冬二
    作家。1927(昭和2)年、東京都生まれ。東京都広報室長、企画調整局長、政策室長など要職を歴任後、79(昭和54)年、退職し作家活動に専念。在職中に培った人間管理と組織の実学を歴史と重ね合わせ、小説、ノンフィクション界に新境地を拓く

    櫻田 啓
    作家。1947(昭和22)年、大分県生まれ。専修大学法学部卒業。警視庁に32年間奉職ののち、出版社勤務を経て、現在、警察研修社代表取締役

    辻野 功
    別府大学客員教授。1938(昭和13)年、香川県生まれ。同志社大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了。京都造形芸術大学名誉教授、大分県竹田市の竹田大使

    古庄 幸一
    元海上幕僚長。1946(昭和21)年、大分県竹田市生まれ。69(昭和44)年、防衛大学校第13期卒業、海上自衛隊に入隊。翌年、海上自衛隊幹部候補生学校入校。2001(平成13)年、海将に昇任、第28代護衛艦隊司令官。03(平成15)年、第26代海上幕僚長。05(平成17)年、退官。現在は(株)NTTデータ特別参与

    谷川 清澄
    元海軍少佐、駆逐艦「嵐」水雷長。1916(大正5)年、福岡県生まれ。34(昭和9)年、海軍兵学校65期入学、38(昭和13)年、66期卒業。太平洋戦争中は、「雷」航海長として香港攻略支援作戦、スラバヤ沖海戦、「嵐」水雷長としてミッドウェー海戦、ガダルカナルなどを転戦。戦後、民間企業、海上保安庁を経て海上自衛隊で勤務。70(昭和45)年、海将。71(昭和46)年、佐世保地方総監

    阿川 弘之
    作家。1920(大正9)年、広島県生まれ。東京帝国大学文学部を繰り上げ卒業の後、海軍に入る。中華民国漢口で終戦。帰国後、志賀直哉に師事し、文学の道に進む

    平松 守彦
    前大分県知事、大分一村一品国際交流推進協会理事長。1924(大正13)年、大分県生まれ。東京大学法学部卒業。学徒動員で海軍に入る。49(昭和24)年、商工省入省。大分県副知事を経て、79(昭和54)年、大分県知事に初当選。六期務めた後、引退。2004(平成16)年春に勲一等旭日大綬章受章

  • ページ数
    247p
  • ISBN
    978-4-569-79229-3
  • 発売日
    2010年11月

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 明治の夜明けとともに生まれ、日露戦争に逝った廣瀬武夫。敵国ロシア人をも感動させたその生き方・考え方の原点にあるものは何か。
目次
1 廣瀬武夫が現代に語りかけるもの
2 その覚悟とやさしさ、思いやりの原点(エピソードで綴るその人間力
国際人となった豊後竹田生まれの攘夷家
命をかけて守り通したものは何か
卓越した指揮力と最期の無念)
3 対談 四百年の城下町が生んだ「世界標準」の男
4 ロシアと日本の狭間で(「恋の物語」に秘められた謎
若きロシアウォッチャーが見たもの
現代ロシアから見た廣瀬武夫
ロシアでの新発見が語るもの)
5 対談 廣瀬武夫の魅力とふるさとの地域遺伝子

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 国際人・廣瀬武夫 海軍中佐・ロシア駐在武官補佐官 その生き方・考え方の原点にあるものは何か?
  • 国際人・廣瀬武夫 海軍中佐・ロシア駐在武官補佐官 その生き方・考え方の原点にあるものは何か?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中