ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 薬剤師のための添付文書活用ハンドブック

  • 薬剤師のための添付文書活用ハンドブック

薬剤師のための添付文書活用ハンドブック

  • 山村重雄/著 山村 重雄
    城西国際大学薬学部教授(臨床統計学ユニット)。1979年東邦大学薬学部卒業。薬学博士(千葉大学)。東邦大学薬学部薬剤学教室、同大学医療薬学教育センター医薬品情報学研究室を経て、2006年より現職

  • ページ数
    109p
  • ISBN
    978-4-931400-60-3
  • 発売日
    2010年10月

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 薬剤師なら添付文書はこう使う。薬の特性を読み取るコツと服薬指導に活かすノウハウ。
目次
1 医薬品添付文書とは
2 医療用医薬品の添付文書に記載されている内容
3 添付文書の読み方(医薬品の名前から特徴を読む
不思議な警告と禁忌
剤形や投与量が変わると適応症が変わる
用法・用量
使用上の注意(相互作用)
使用上の注意(副作用)
薬物動態を読み解く
薬効薬理の情報を使う
有効成分に関する理化学知見)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 薬剤師のための添付文書活用ハンドブック
  • 薬剤師のための添付文書活用ハンドブック

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中