ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 特務機関長許斐氏利 風淅瀝として流水寒し

  • 特務機関長許斐氏利 風淅瀝として流水寒し

特務機関長許斐氏利 風淅瀝として流水寒し

  • 牧久/著 牧 久
    ジャーナリスト。1941年、大分県生れ。64年、早稲田大学第一政治経済学部政治学科卒業。同年、日本経済新聞社に入社。東京本社編集局社会部に配属。サイゴン・シンガポール特派員。名古屋支社報道部次長、東京本社社会部次長を経て、89年、東京・社会部長。その後、人事局長、取締役総務局長、常務労務・総務・製作担当。専務取締役、代表取締役副社長を経て2005年、テレビ大阪会長。07~09年、日本経済新聞社顧問

  • ページ数
    420p
  • ISBN
    978-4-86310-075-6
  • 発売日
    2010年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 戦時下の外地で特務機関を率いて地下活動に携り、戦後は東京温泉を開業、射撃で五輪大会にも出た「博多の暴れん坊」の破天荒な生涯。
目次
序章 「許斐機関」との遭遇
第1章 許斐氏利の終戦
第2章 博多の暴れん坊
第3章 テロとクーデターの時代
第4章 大化会と二・二六事件
第5章 中国大陸へ
第6章 上海許斐機関
第7章 日本陸軍の阿片工作
第8章 「大東亜戦争」とハノイ許斐機関
第9章 大歓楽郷「東京温泉」
終章 風淅瀝として流水寒し

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 特務機関長許斐氏利 風淅瀝として流水寒し
  • 特務機関長許斐氏利 風淅瀝として流水寒し

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中