ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 山手線は廻る 環状鉄路の誕生

  • 山手線は廻る 環状鉄路の誕生

山手線は廻る 環状鉄路の誕生

  • シリーズ名
    CREATIVE BOOK首都圏人 No.11 Bird’s Eye
  • ページ数
    238p
  • ISBN
    978-4-89708-291-2
  • 発売日
    2010年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本の鉄道は明治五年(1872)、新橋駅から品川に向かって敷設され、これが山手線の原点となった。つづいて明治十六年に上野駅から田畑に向かう東北線が、同十八年には品川から新宿経由赤羽間、明治三十六年に田畑~池袋間、大正十四年(1925)、秋葉原~上野間の高架線の完成によって環状運転が開始された。汽笛一声、新橋から走り始めた鉄路の構築は、実に半世紀を要した。

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
対象年齢 一般

商品のおすすめ

出版社からのコメント
日本の鉄道は明治五年(1872)、新橋駅から品川に向かって敷設され、これが山手線の原点となった。
つづいて明治十六年に上野駅から田端に向かう東北線が、同十八年には品川から新宿経由赤羽間、明治三十六年に田端~池袋間、大正十四年(1925)、秋葉原~上野間の高架線の完成によって環状運転が開始された。
汽笛一声、新橋から走り始めた鉄路の構築は、実に半世紀を要した。
山手線建設の歴史を繙きつつ、明治の初めから現代に至る、首都東京のドラマティックな展開と、わが国近代化のプロセスを追う!

ページの先頭へ

閉じる

  • 山手線は廻る 環状鉄路の誕生
  • 山手線は廻る 環状鉄路の誕生

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中