ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 東部戦線のティーガー ロストフ、そしてクルスクへ

  • 東部戦線のティーガー ロストフ、そしてクルスクへ

東部戦線のティーガー ロストフ、そしてクルスクへ

  • マクシム・コロミーエツ/著 小松徳仁/訳 大里元/監修 コロミーエツ,マクシム(Коломиец,Максим)
    1968年モスクワ市生まれ。1994年にバウマン記念モスクワ高等技術学校(現バウマン記念国立モスクワ工科大学)を卒業後、ロシア中央軍事博物館に研究員として在籍。1997年からはロシアの人気戦車専門誌『タンコマーステル』の編集員も務め、装甲兵器の発達、実戦記録に関する記事の執筆も担当。2000年には自ら出版社「ストラテーギヤKM」を起こし、第二次大戦時の独ソ装甲兵器を中心テーマとする『フロントヴァヤ・イリュストラーツィヤ』誌を定期刊行中

    小松 徳仁
    1966年福岡県生まれ。1991年九州大学法学部卒業後、製紙メーカーに勤務。学生時代から興味のあったロシアへの留学を志し、1994年に渡露。2000年にロシア科学アカデミー社会学・政治学研究所付属大学院を中退後、フリーランスのロシア語通訳・翻訳者として現在に至る

    大里 元
    大阪市生まれ。京都市立芸術大学日本画科卒。学生時代から興味のあった模型関連業種を志し上京。某出版社編集、模型雑誌ライター、造形工房を経てフリーランスに。これといった代表作もないまま今日に至る

  • シリーズ名
    独ソ戦車戦シリーズ 15
  • ISBN
    978-4-499-23034-6
  • 発売日
    2010年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,300

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 第二次世界大戦ドイツ戦車のなかで、最も広く名を知られたティーガー。その開発は決して順風満帆ではなかった。初陣で苦渋を嘗めたドイツ最強戦車の真実がここに。
目次
第1部 最初期のティーガー
第2部 東部戦線のティーガー(ティーガー戦車大隊の組織編成
戦闘損失はどう算定すべきか?
北カフカスでのティーガー
ハリコフの戦い
新しい組織編制へ
ツィタデレ作戦
装甲と砲について)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原タイトル:ПЕРBЫЕ《ТИГРЫ》 (2002年刊)と《ТИГРЫ》НА ВОСТОЧНОМФРОНТЕ〈от Ротова до Куркой дуги〉 (2007年刊)の翻訳・合本・再構成
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 東部戦線のティーガー ロストフ、そしてクルスクへ
  • 東部戦線のティーガー ロストフ、そしてクルスクへ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中