ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 君たちには分からない 「楯の會」で見た三島由紀夫

  • 君たちには分からない 「楯の會」で見た三島由紀夫

君たちには分からない 「楯の會」で見た三島由紀夫

  • 村上建夫/著 村上 建夫
    1948年兵庫県生まれ。京都大学工学部卒業。住友商事勤務を経て、99年、オムロン、京セラ、東京海上火災などの出資を得て、(株)関西ベンチャー・キャピタル設立に参画、副社長に就任。現在、同社代表取締役社長。中小企業診断士。大阪国際大学非常勤講師

  • ページ数
    188p
  • ISBN
    978-4-10-327851-1
  • 発売日
    2010年10月

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 40年前、私は学生グループ「楯の會」に入り、富士山麓で軍事教練を体験した。三島が語った肉声がいま甦る。
目次
面接―食事の前に何か飲みませんか
午餐―サラダも食べなきゃ
入隊準備―ミシマって誰ですか
入隊―鬼軍曹さん、こんにちは
夜間訓練―だまされるなよ
隊舎―邸宅には似合わない
資金―持ち出し
徒歩訓練―ハンサムでスマートなのは
射撃訓練―両目を開けてズドン
突撃訓練―声を出せば怖くない
模範演技―驚いただろう
理論と行動―分かってくれないのか
自衛官の心情―失礼なことを言うな
知名度―ユキオは知りません
野戦演習―君たちのために
クーデター―まじめは困る
車両訓練―言いようがないな
人の心―そういう所なんだ
立場―妾なんていないよ
自己分析―ごめんあーさぁせ
死生観―自分の名前は好きじゃない
政治との関わり―出てもらえませんか
体験入隊終了―ピータイルから板の上へ
定例会合―かっこいいだろう
会のお披露目―どう感じられました
平穏化と三島事件―先生が大変みたい
自衛官の反応―僕のやってきたこと
事情聴取―そんなに時間は取らせません
事件のあと―有り難う御座いました

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 君たちには分からない 「楯の會」で見た三島由紀夫
  • 君たちには分からない 「楯の會」で見た三島由紀夫

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中