ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • パンクロック/ハードコアの名盤100

  • パンクロック/ハードコアの名盤100

パンクロック/ハードコアの名盤100

  • 行川和彦/〔著〕 行川 和彦
    1963年2月28日に東京都八王子市で生まれ、同・昭島市で育つ。86年にDOLLにダムドの初来日公演のレヴューが掲載され、いわゆるライター・デビュー。91年からミュージック・マガジンやCDジャーナルで書き始め、以降ギター・マガジンやベース・マガジン、レコード・コレクターズ、EL ZINE、モブスプルーフなどでも執筆

  • シリーズ名
    名盤100 03
  • ISBN
    978-4-8456-1869-9
  • 発売日
    2010年10月

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • パンク・ロックが登場した70年代後半から、ハードコアへとサウンドが変化していく80年代、さらに細分化していく90年代以降まで、各時代の必聴盤を網羅。
目次
1 1976‐1979 パンク・ロックの時代(ラモーンズ『ラモーンズの激情』
ボーイズ『ボーイズ』
ザ・クラッシュ『白い暴動』 ほか)
2 1980‐1986 ハードコアの時代(エンジェリック・アップスターツ『ゲット・アウト・オブ・ディス・プレイス』
サークル・ジャークス『グループ・セックス』
コックニー・リジェクツ『グレイテスト・ヒッツVol.1』 ほか)
3 1987‐ 多様化の時代(ナパーム・デス『スカム』
ポイズン・アイディア『ウォー・オール・ザ・タイム』
フガジ『13 Songs』 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • パンクロック/ハードコアの名盤100
  • パンクロック/ハードコアの名盤100

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中