ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 満州事変と政党政治 軍部と政党の激闘

  • 満州事変と政党政治 軍部と政党の激闘

満州事変と政党政治 軍部と政党の激闘

  • 川田稔/著 川田 稔
    1947年生まれ。名古屋大学大学院法学研究科博士課程修了。現在、名古屋大学大学院環境学研究科教授。法学博士。専門は、政治外交史、政治思想史

  • シリーズ名
    講談社選書メチエ 479
  • ISBN
    978-4-06-258480-7
  • 発売日
    2010年09月

1,600 (税込:1,728

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 従来考えられていた以上に堅固だった戦前政党政治が、なぜ軍部に打破されたのか。そこには陸軍革新派による綿密な国家改造・実権奪取構想があった。最後の政党政治内閣首班、若槻礼次郎の「弱腰」との評価を覆し、満州事変を画期とする内閣と軍部の暗闘が若槻内閣総辞職=軍の勝利に至る八六日間を、綿密な史料分析に基づき活写する。
目次
第1章 発端―柳条湖鉄道爆破
第2章 東京・三宅坂―陸軍省・参謀本部
第3章 東京・永田町―首相官邸
第4章 奉天―関東軍司令部
第5章 構想の対抗―政党政治と昭和陸軍
第6章 満蒙新政権への対応
第7章 北満進出と錦州攻撃をめぐる攻防
第8章 若槻内閣総辞職と荒木陸相の就任

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 満州事変と政党政治 軍部と政党の激闘
  • 満州事変と政党政治 軍部と政党の激闘

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中