ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 難民問題と『連帯』 EUのダブリン・システムと地域保護プログラム

  • 難民問題と『連帯』 EUのダブリン・システムと地域保護プログラム

難民問題と『連帯』 EUのダブリン・システムと地域保護プログラム

  • 中坂恵美子/著 中坂 恵美子
    名古屋大学法学部法律学専攻卒業、シェフィールド大学国際学専攻修士課程修了、名古屋大学大学院法学研究科前期・後期課程博士課程修了、M.A. in International Studies、修士(法学)、European University Institute客員研究員、広島大学総合科学部講師・助教授を経て、広島大学社会科学研究科准教授

  • ISBN
    978-4-7989-0013-1
  • 発売日
    2010年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 欧州共通庇護制度の進化・完成は可能か。欧州庇護法形成を促進させる種としてのダブリン・システムを、EUの理解から始め、システムの歴史・仕組みの分析・問題点を剔出することにより、難民問題における「責任の分担」「負担の分担」そして「連帯(solidarity)」という理念の構築への途を探る、本格分析の書。
目次
第1章 EU/ECにおける人の自由移動の発展と欧州共通庇護政策の発展の概要(域内市場の確立と人の自由移動
欧州共通庇護政策の発展の概要 ほか)
第2章 ダブリン・システムの内容と実績(ダブリン・システムの背景
ダブリン規則の構成と内容 ほか)
第3章 ダブリン・システムの争点(ダブリン・システムは機能したのか
庇護申請者の権利という観点からの考察 ほか)
第4章 対外的側面(域外審査構想から地域保護プログラムへ
第三国定住 ほか)
補章 市民社会のネットワーク形成(NGOネットワーク
研究者ネットワーク)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 難民問題と『連帯』 EUのダブリン・システムと地域保護プログラム
  • 難民問題と『連帯』 EUのダブリン・システムと地域保護プログラム

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中