ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 子ども中心プレイセラピー

  • 子ども中心プレイセラピー

子ども中心プレイセラピー

  • ジャネット・ウエスト/著 倉光修/監訳 串崎真志/訳 串崎幸代/訳 ウエスト,ジャネット(West,Janet)
    イギリスで30年にわたって開業してきた心理臨床家。スーパーヴィジョン、学生の訓練、大学講師などの経験も豊かなプレイセラピスト

    倉光 修
    東京大学学生相談ネットワーク本部・学生相談所所長・教授。1951年生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。博士(教育学)。臨床心理士

    串崎 真志
    関西大学文学部准教授、臨床心理学専攻。1970年生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了。博士(人間科学)

    串崎 幸代
    千里金蘭大学生活科学部講師。臨床心理学専攻。1974年生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士前期課程修了。修士(人間科学)。臨床心理士

  • ISBN
    978-4-422-11502-3
  • 発売日
    2010年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,080

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • プレイセラピーでの実際の問題について段階的に学び、解決できるよう工夫された初心者必携の書。(心理図書総目録より)
目次
第1部 導入(トビーの事例
遊びとプレイセラピー
社会のなかの子ども)
第2部 プレイセラピーの実際(リファー(紹介)を受ける
初回セッション
役割、関係、言葉
おもちゃの使用、あるいは、遊びがベースにある活動
芸術療法

ハイブリッド・プレイ・ティムの事例
プレイセラピーのプロセスと評価
終結
特殊な問題
グループ・プレイセラピー)
第3部 治療的な役割(プレイセラピストの資質
カウンセリング技法
関連する実践上の問題)
第4部 プレイセラピーの背景(プレイセラピーの歴史と理論
無意識と象徴
別れのとき:子どもとプレイセラピスト)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
原題 原タイトル:CHILD CENTRED PLAY THERAPY 原著第2版の翻訳

ページの先頭へ

閉じる

  • 子ども中心プレイセラピー
  • 子ども中心プレイセラピー

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中