ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 高杉晋作の「革命日記」

  • 高杉晋作の「革命日記」

ポイント倍率

高杉晋作の「革命日記」

  • 一坂太郎/著 一坂 太郎
    1966年、兵庫県芦屋市生まれ。大正大学文学部史学科卒。萩博物館特別学芸員・山口福祉文化大学特任教授・防府天満宮歴史館顧問

  • シリーズ名
    朝日新書 256
  • ISBN
    978-4-02-273356-6
  • 発売日
    2010年09月

860 (税込:929

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 長州藩で幕府に打ち勝った高杉の残した六つの日記を読みやすい現代文にて紹介。(歴史図書総目録より)
目次
序章 高杉晋作小伝―幕末の青春、二十七年と八カ月
第1章 東帆録―萩から江戸までの航海実習日記
第2章 試撃行日譜―北関東、信州などを歩いた旅日記
第3章 〓御(せつぎょ)日誌―初出仕したエリートの萩での勤務日記
第4章 初番手行日誌―若殿様の側近として江戸での勤務日記
第5章 遊清五録―上海で欧米列強の脅威を痛感した旅日記
第6章 投獄文記―失意の中で内なる自分と向き合う獄中日記

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 高杉晋作の「革命日記」
  • 高杉晋作の「革命日記」

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中