ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 河口慧海著作選集 5 正真仏教

  • 河口慧海著作選集 5 正真仏教

河口慧海著作選集 5 正真仏教

  • 河口慧海/著 河口 慧海
    仏教学者、僧侶。大阪府堺市生まれ。哲学館(現・東洋大学)、黄檗山万福寺に学ぶ。仏教の原典を求め、単身チベット探検を敢行、明治34年(1901)日本人で初めてチベットの首府ラサに到達する。大正2年(1913)2度目のチベット入りを果たし、チベット大蔵経等を将来する。帰国後、大正大学教授

    日高 彪
    昭和44年5月28日、名古屋市に生まれる。文学・歴史研究家。東海中学・東海高校(浄土宗)に学ぶ。平成6年3月、早稲田大学第一文学部文学科日本文学専修卒業。出版社勤務を経て現在に至る

  • 巻の書名
    正真仏教
  • 巻の著者名
    日高彪/校訂
  • ISBN
    978-4-86330-042-2
  • 発売日
    2010年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

7,000 (税込:7,700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 釈迦の精神を正しく受け継ぐ真の仏教とは?
    晩年の慧海が著した仏教論の集大成!
    邦人初のチベット探検・留学を達成した業績で知られる河口慧海。自ら命懸けでチベット、ネパールより持ち帰った蔵伝仏典・サンスクリット仏典の研究に基づき、釈迦の説いた本来の教えを考察するとともに、当時の仏教界の実情を憂い、学際的かつ類い稀なる真摯な求道姿勢で「真の仏教」を終生探究した。慧海一代の求道の帰結というべき大著『正真仏教』、いま蘇る!
目次
第1篇 総論(仏教とは何であるか
正真仏教の義釈 ほか)
第2篇 仏宝(仏とは何であるか
此土は一仏か多仏か ほか)
第3篇 法宝(根本仏教における法の説明
実行実証は根本仏教の本義 ほか)
第4篇 僧宝(僧の語源とその語義
出家比丘の僧衆は一人もない ほか)
第5篇 在家仏教(正真仏教は即ち在家仏教
在家仏教の原語義とその教徒 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 河口慧海著作選集 5 正真仏教
  • 河口慧海著作選集 5 正真仏教

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中