ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 脚本家水木洋子 大いなる映画遺産とその生涯

  • 脚本家水木洋子 大いなる映画遺産とその生涯

脚本家水木洋子 大いなる映画遺産とその生涯

  • 加藤馨/著 加藤 馨
    1928年(昭和3)東京生まれ。早稲田大学政経学部卒、朝日新聞社に入り、新聞編集を受け持つ整理部で約20年過ごす。有楽町マリオンの建設に関わったあと朝日新聞記念会館支配人。退職後図書館ボランティア。2002年から水木洋子市民サポーターの会会長

  • ページ数
    453p
  • ISBN
    978-4-87100-229-5
  • 発売日
    2010年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,380 (税込:2,570

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 女性脚本家の草分けとしてかつて男社会といわれた映画界へ進出。『また逢う日まで』『浮雲』『キクとイサム』など数々の傑作を手がけた名シナリオライターの生涯。
目次
宝の山に足を踏み入れて
京橋生まれで神田育ち
劇作家へのプロローグ
目白台から駿河台へ
築地の舞台に立ったころ
新劇と新派で劇壇デビュー
日本が戦争へ突き進むなかで
最前線ビルマへ従軍の旅
従軍記出版と蒙古への旅
東京大空襲と疎開生活〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 脚本家水木洋子 大いなる映画遺産とその生涯
  • 脚本家水木洋子 大いなる映画遺産とその生涯

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中