ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 白狼伝

  • 白狼伝

白狼伝

  • 宮崎学/著[作家] 宮崎 学
    1945年京都生まれ。早稲田大学中退後、週刊誌記者、解体業、地上げ屋などを経て、『突破者』で作家デビュー

  • ページ数
    291p
  • ISBN
    978-4-620-31901-8
  • 発売日
    2010年09月

1,800 (税込:1,944

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • アジア的アウトローの魂の軌跡!「白狼」と呼ばれる男。台湾と中国、そしてアメリカの闇社会を疾走し続けるアウトロー。その驚くべき人生と、義によって結ばれた民衆組織「幇」の真実を描きながら、アジア現代史を大胆に書きかえる、画期的な書き下ろし評伝。
目次
序章 混沌の島
第1章 若き反逆者たちの肖像
第2章 黒道と政治権力
第3章 江南事件の闇
第4章 アメリカの監獄のなかで
第5章 冷静と情熱のアジア
補論 幇と国家―現代中国論

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 白狼伝
  • 白狼伝

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中